恭賀新春2022

 この写真は、昨年三原本郷線改良工事や本郷土地造成工事でお世話になった協力会社の方でアマチュアカメラマン歴約40年のSさんが、今年の元旦三原市木原で瀬戸内海にかかる因島大橋をバックに昇る初日の出を撮影された絶妙なワンショットです。



 このご来光の如く今年こそコロナ禍が終息し明るい船出となることを願っておりましたが、連日感染再拡大というニュースが日本中を駆け巡り、私たちの広島県ではまん延防止等重点措置の適用に伴って、暫くは様々な場面で行動制限を余儀なくされることになります。 幸いにも今のところ私たちの社員と家族、関係先で感染者は一人も出ていません。しかし、いつ完全終息するか誰にもわからない今の状況では、“with CORONA(コロナと共存)”への最良の方策を真剣に考えなければならない場面に差し掛ったのかもしれません。


 さて、今から30年余り前に当時明治大学教授だった栗本慎一郎氏(元衆議院議員)が、著書“パンツを捨てるサル”の中で、人類はこれまでウィルスに感染する度に自らが少しずつ変異を繰り返しながら進化を続けてきた、という内容だったと何処かの病院長のブログで見ました。その真偽は定かではありませんが、もしかすると私たち現代人が初めて遭遇した新型コロナに打ち克ったその先には、さらに進化を遂げた私たちの輝かしい未来が待ち受けているかも知れませんね。


 私たちはこれからも様々な困難に立ち向かい、一つ一つ克服しながら常に前を向いて歩みを進めて参りたいと思います。本年もヤマト実業をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
DSC_0708 (1).JPG

株式会社ヤマト実業