本郷産業団地造成工事竣工

 今年一年を締めくくるにふさわしいニュースがあります。私たちの本社にもほど近く、施工にも大きく関わった本郷土地造成2期3期工事(元請:鹿島建設・三島産業JV )が11月末に無事完了し、今月施主の広島県企業局に無事引き渡されました。

 

左手奥より1期、右奥2期、右手前3期、左手前:公園用地

 

 2工区(2期)宅盤については、既に今年6月末に検査を終え引渡しを終えていましたが、梅雨が明けたにも拘らず度重なる豪雨が盛土法面を崩壊させ、土砂が完成した水路や雨水管、調整池に大量に流入し、仮設沈砂池を破壊するなどして、大幅な工程変更を余儀なくされました。それだけに竣工の喜びはひとしおですね、と語る三木敬所長。1期工事(元請:鹿島建設・竹中土木・ケミカルグラウトJV)の竣工後の2020年秋から始まった2期3期工事では副所長として三原良介所長をサポートし、今年6月に所長のバトンを受取って以降、難題を克服しながらようやく念願のゴールインを果たしたのです。

 思い起こせば、造成1期工事がスタートしたのは2018年春のこと。しかし着工して間もなく大きなアクシデントに見舞われます。中でも7月の西日本豪雨災害は本郷町に甚大な被害をもたらし、造成現場も例外ではありませんでした。それでも地域の皆様のご理解とご協力があったからこそ、あの難局をチーム一丸となって乗り切れたのだと、三原良介所長は当時を振り返ってそう語っておられました。


そんな地域の有志の皆さんが先日竣工を祝って下さいました。最後までお気遣い頂き、本当に感謝の念にたえません。 私たちヤマト実業は、これからも地域社会発展の為に微力ながら貢献して参りたいと願っております。

 来たる2022年が皆様にとって実り多き佳い一年になりますように。  

左手前より私、三木所長、伊藤様、右手前より三原所長、弊社石川、町内会長森井様


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
DSC_0708 (1).JPG

株式会社ヤマト実業